酵素とは?

酵素

 

酵素とはいったいどのような物なのでしょうか?

 

あまり普段は聞きなれない言葉だと思います。
実は酵素は私たちの身体にはとても身近な存在なのです。

 

酵素は私たちが普段食べている食物や、何気なく使っている商品などにも含まれています。
「酵素の力で分解」とか、「酵素が○○を除去」なんていうのものは酵素が入っている物の事です。

 

酵素は私たちの体内にも存在しています。
例えば、唾液の中には、炭水化物を分解する消化酵素アミラーゼなど、他にも多くの酵素が含まれています。

 

酵素は約3000種類あると言われているほど種類がたくさんあります
それぞれの酵素は特定の働きをしますので、酵素によってその働きは様々です。

 

私たちが手を動かしたり、物を考えたりするのにも酵素は使われたりしますので、とても身近なものだという事が解ります。

 

体内の3つ酵素とは?

3つ

 

私たちの体内で主に使われている酵素は大きく分けますと3つあります。

 

消化酵素

消化に使われる酵素の事です。
分解される栄養素のよって働きは異なります。

 

主に、
炭水化物を分解する、炭水化物分解酵素。
たんぱく質を分解する、たんぱく質分解酵素。
脂肪を分解する、脂肪分解酵素。

 

代謝酵素

体温調整や、呼吸、心拍などの生命活動をサポートする酵素です。

 

食物酵素

食物に含まれている酵素の事です。

 

体内の特定の場所で多量の酵素が必要になって消費されると、他の場所で必要な酵素が不足してしまうという傾向があります。

 

例えば、ステーキや揚げ物などの消化の悪い食事をすると、体内では大量の消化酵素が必要になります。

 

そうしますと、代謝酵素の生産量が減ってしまい、代謝活動がおろそかになってします。
逆に、食べ物自体にも多くの酵素が含まれている生野菜などは、体に負担をかけずに楽に消化することが出来ます。^^

 

 

めっちゃぜいたくフルーツ青汁の口コミを見るならコチラからどうぞ。